カワサキ

History of JETSKI ジェットスキーの歴史

1990年代
THREE SEATER MODEL DEBUT
1999
「900 STX」(JT900-B1)」発売

優れた高速安定性能を誇る「1100 STX」のハルに、CDCVトリプルキャブレターを装備した891cm3エンジン搭載の「900STX」。スポーツツーリングからウェイクボードのトーイングまで、幅広い遊びに対応。沖縄などリゾート施設で最も人気の高かった3人乗りモデル。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,170 mm×1,050 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
総排気量 891 cm3
連続最高出力 74 kW(100 PS)/6,750 rpm
整備質量 278 kg
定員 3名
「1100 STX Limited」発売

'98年にIJSBAナショナルチャンピオンを獲得した、クリス・マックルゲージ艇のレプリカモデル。「1100 STX」をベースに、レースマシンに似せたC&Gやスポンサーデカールも貼付。2ピース構造のスポンソン、レース仕様のポンプカバーの採用など、細部にわたるこだわりが人気を集めた。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,170 mm×1,050 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
総排気量 1,071 cm3
連続最高出力 88.2 kW(120 PS)/6,750 rpm
整備質量 278 kg
定員 3名
「Ultra 150」発売

JETSKI史上最強の、145PSを発生する強力なパワーユニットを搭載した2シータースポーツ「Ultra150」。その強烈な加速と水面を切り裂くような旋回性能は、まさに異次元。スポーツライディングの醍醐味を、とことん味わせてくれる2人乗りモデル。

全長×全幅×全高 2,883 mm×1,126 mm×1,040 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
総排気量 1,176 cm3
連続最高出力 106.6 kW(145 PS)/6,750 rpm
整備質量 278 kg
定員 2名
1998
「750 SXi pro」発売

「750 SXi」のハルを大幅に改良し、さらに戦闘力を高めた「750 SXi Pro」。デビュー1年目でクリス・マックルゲージがIJSBAナショナルチャンピオンを獲得。

全長×全幅×全高 2,210 mm×700 mm×680 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
総排気量 743 cm3
連続最高出力 53 kW(72 ps)/6,500 rpm
整備質量 155 kg
定員 1名
「750 STX」発売

1997年に発売され、国内では未導入の「900 STX」のハルに、743cm3のエンジンを搭載した「750STX」。ファミリーユーザーを中心に、手軽な3人乗りモデルとして人気を集めた。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,180 mm×990 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
総排気量 743 cm3
連続最高出力 59 kW(80 PS)/7,000 rpm
整備質量 280 kg
定員 3名
1997
「900 STX」(JT900-A1)(国内未導入)

891cm3エンジンを搭載した3人乗りモデルの「900 STX」。国内では導入されなかった。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,180 mm×990 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
排気量 891 cm3
連続最高出力 74 kW(100 PS)/6,500 rpm
整備質量 300 kg
定員 3名
「1100 STX」発売

PWC史上最良のハルと評価の高い3人乗りのSTXのハルに、3気筒1,071cm3エンジンを搭載したスポーツツアラーモデル。水中からの乗り込みが容易になる「リボーディングステップ」を採用するなど、スポーツ走行に加え、ウェイクボードのトーイングなどユーティリティー性能にも手が加えられている。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,170 mm×1,050 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
排気量 1,071 cm3
連続最高出力 88.2 kW(120 PS)/6,750 rpm
整備質量 270 kg
定員 3名
1996
「1100 ZXi」発売

KAIS(カワサキ・エア・インクション・システム)、KATS(カワサキ・オート・トリム・システム)など画期的なメカニズムを装備した2人乗りフラッグシップモデル。JETSKI史上最大排気量の1,071cm3エンジンは120PSを発揮。750/900/1100の3タイプのZXiシリーズのフラッグシップモデル。

全長×全幅×全高 2,760 mm×1,070 mm×999 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
排気量 1,071 cm3
連続最高出力 120 PS/6,750 rpm
整備質量 265 kg
定員 2名
「ジェットスキーパトロール」発売

レスキューやパトロールの分野でも活躍していた3人乗りモデル「STS」をベースに開発された「ジェットスキーパトロール」。赤色回転灯や拡声器、救命浮環を装備。ブラック&ホワイトのC&Gが、独特の雰囲気を醸し出している。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,180 mm×990 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 80 PS/7,000 rpm
整備質量 275 kg
定員 3名
1995
ロゴ変更

"jetski"から"JETSKI"へロゴを変更。

「JS 750 SXi」発売

743cm3エンジンにツインキャブを搭載したスタンドアップモデルの「JS 750 SXi」。最高出力は、「JS 750 SX」の60PSから72PSへ大幅にアップ。レースにおける戦闘力がさらに高められた。

全長×全幅×全高 2,210 mm×700 mm×680 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 72 PS/6,500 rpm
整備質量 149 kg
定員 1名
「750 ZXi」発売

「Xi」に続くスポーツランナバウトモデルとして開発された「750 ZXi」。優れた高速安定性とクイックな旋回性能を実現。ライダーにかかる水しぶきを抑えるKSD(カワサキ・スプラッシュ・ディフレクター)など様々な新機能がふんだんに採用された。

全長×全幅×全高 2,760 mm×1,070 mm×999 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 82 PS/7,000 rpm
整備質量 237 kg
定員 2名
「900 ZXi」発売

「750 ZXi」と同じハルに、JETSKI初の3気筒エンジンを搭載したラグジュアリーモデル。排気量891cm3のパワーユニットは、最高出力100PSを発揮。ハル下部も全面ペイントされ、レッドとライムグリーンの2カラーが用意された。

全長×全幅×全高 2,760 mm×1,070 mm×999 mm
エンジン種類 水冷2ストローク3気筒
排気量 891 cm3
連続最高出力 100 PS/6,750 rpm
整備質量 253 kg
定員 2名
「STS」発売

3シーターモデルの「ST」に、パワフルなツインキャブレターを装備した「STS」。パワーユニットは、排気量743cm3ながら75PSを発揮。3人乗りでもゆとりあるライディングを実現。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,180 mm×990 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 75 PS/6,500 rpm
整備質量 250 kg
定員 3名
1994
「Xi-R」発売

レースにおけるランナバウト人気に対応するように限定発売された「SuperSportXi」のレーシングバージョン。最高出力は84PSをマーク。IJSBAジェットスポーツツアーで比類なき強さを発揮し、金森稔選手が初めてワールドチャンピオンを獲得したモデル。

全長×全幅×全高 2,530 mm×1,030 mm×945 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 84 PS/6,750 rpm
整備質量 174 kg
定員 2名
「ST」発売

マリンスポーツの多様化に合わせて開発された3シーターモデル。ロングハルの採用により安定した走行が楽しめる。レジャーからレスキューまで幅広いシーンで活躍。

全長×全幅×全高 3,100 mm×1,180 mm×990 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 67 PS/6,250 rpm
整備質量 240 kg
定員 3名
1993
「SuperSport Xi」発売

「X-4」のエンジンに、ツインキャブレターを装備した「SuperSport Xi」。ツインキャブレターの採用で、最高出力は、62PSから72PSへ大幅にアップ。

全長×全幅×全高 2,530 mm×1,030 mm×945 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 72 PS/6,500 rpm
整備質量 176 kg
定員 2名
1992
「JS 750 SX」発売

「JS 650」の発売から5年後、世界のスタンドアップシーンをリードする画期的なスタンドアップモデル「JS750SX」が誕生。60PSを発揮する強力なパワーユニットに、洗練されたフォルムを持つ。レースの世界はもちろん、レジャーユースのユーザーにもスタンドアップの楽しさを再認識させてくれた。

全長×全幅×全高 2,210 mm×700 mm×680 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 743 cm3
連続最高出力 60 PS/6,250 rpm
整備質量 144 kg
定員 1名
「X-4」発売

現在のランナバウト人気の先駆けを作った「X-4」。当時最強の62PSを発揮する743cm3エンジンをパワーユニットに持ち、2人乗りでもスポーツ走行が楽しめるようになった。

全長×全幅×全高 2,530 mm×1,030 mm×945 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
総排気量 743 cm3
連続最高出力 62 PS/6,250 rpm
整備質量 170 kg
定員 2名
1991
「SC」発売

JETSKIの歴史でも唯一横に並んで2人座れるタンデムモデル。SCは、スポーツ・クルーザーの意味を持つ。「同じ景色を同じ視線で共有できたら、もっと楽しいだろう…」と、遊び心満点のコンセプトで開発された。ベンチシートと左右にスライドするハンドルで、座る位置をを変えずに操縦を交代することができる。

全長×全幅×全高 2,780 mm×1,230 mm×1,070 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
排気量 635 cm3
連続最高出力 49 PS/6,000 rpm
整備質量 200 kg
定員 2名
1990
「JS 550 SX」発売

後方排気システムを採用し、より完成度が高くなった「550 SX」。ハンドルポールのパッド、デッキマットの材質を変更。シリアルナンバーが付けられたメモリアルモデルを最後に、1998年で生産が終了。

全長×全幅×全高 2,140 mm×620 mm×640 mm
エンジン種類 水冷2ストローク2気筒
総排気量 530 cm3
連続最高出力 39 PS/6,250 rpm
整備質量 114 kg
定員 1名

一覧へ戻る

ページ上部へ