カワサキ

INFORMATIONINFORMATION

  • 16.04.15KLX250 Final Editionが2016年5月15日から新発売!(Final Editionのカタログ請求はこちら)

  • 15.07.02KLX250が2015年8月1日から新発売!(スタンダードのカタログ請求はこちら)

【KLX250】

ビギナーからベテランまで気軽にオフロードを楽しめるデュアルパーパスモデル、KLX250。 水冷DOHC4ストローク単気筒エンジンと最適化された燃料噴射により、低回転域の粘り強いパワーフィールと中高回転域までスムーズに吹けあがる鋭いレスポンスを両立しています。 走りを支えるサスペンションは、フロントにはインナーチューブ径43mmのカートリッジ式倒立フロントフォークを採用し優れた減衰力を発揮。 ブレーキシステムには前後にペタルディスクを装備し、安定した制動力と高いコントロール性を実現しました。 また、高張力鋼管を使用したペリメターフレーム、D型断面を持つ軽量なアルミスイングアームを採用することで安定感とグリップ感を確保しています。 メーターはフルデジタルで多機能。シャープでアグレッシブなフロントカウルと引き締まった印象のリヤでスタイリッシュな外観を演出しています。

2015年モデルからの変更点

・カラー&グラフィックの変更

【KLX250 Final Edition】

長年ビギナーからベテランまで気軽にオフロードを楽しめるデュアルパーパスモデルとして親しまれてきた、KLX250。 この度Final Editionとして最後を飾るに相応しいカラー&グラフィックを採用致しました。 ライムグリーンに塗装されたフレーム、「KLX」のロゴが入ったシュラウド等「闘う、4スト。」を連想させるデビュー当時のカラー&グラフィックをモディファイし懐かしさだけではなく最近のトレンドも盛り込んだ斬新な仕上がりになっています。 低回転域の粘り強いパワーフィールと高回転域までスムーズに吹けあがる鋭いレスポンスを両立した水冷DOHC4ストローク単気筒エンジン。 走りを支えるサスペンションは、フロントにはインナーチューブ径43mmのカートリッジ式倒立フロントフォークを採用し優れた減衰力を発揮。 ブレーキシステムには前後にペタルディスクを装備し、安定した制動力と高いコントロール性を実現しました。 また、高張力鋼管を使用したペリメターフレーム、D型断面を持つ軽量なアルミスイングアームを採用することで安定感とグリップ感を確保しています。 メーターはフルデジタルで多機能。シャープでアグレッシブなフロントカウルと引き締まった印象のリヤでスタイリッシュな外観を演出しています。

KLX250 Final Edition スタンダードモデルからの変更点

・タンク、フレーム、サイドスタンド、シートにFinal Edition特別カラーを採用
・シュラウド、サイドカバーにFinal Edition特別グラフィックを採用
・ホイールリム、ハンドルバーにブラック塗装を採用
・フロントフォークのアウターチューブにブラックアルマイト加工を採用

カラー・モデル

本製品では、下記のカラーバリエーション・モデルを展開しています。
車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。

  • KLX250
  • KLX250

  • KLX250

  • KLX250

メーカー希望小売価格 554,040円

(本体価格513,000円、消費税41,040円)

  • KLX250
  • KLX250

  • KLX250

  • KLX250

メーカー希望小売価格 554,040円

(本体価格513,000円、消費税41,040円)

  • KLX250 Final Edition
  • KLX250 Final Edition

  • KLX250 Final Edition

  • KLX250 Final Edition

メーカー希望小売価格 564,840円

(本体価格523,000円、消費税41,840円)

KLX250

  • ライムグリーン

    ライムグリーン

  • ブライトホワイト

    ブライトホワイト

KLX250 Final Edition

  • ライムグリーン

    ライムグリーン

特長

    「撮影に使用しているモデルは一部現行モデルとカラーリングが異なる場合があります。」


  • POWER UNIT

    POWER UNIT

    POWER UNIT
    * KLX250のフューエルインジェクションシステムには微粒化インジェクターを採用。スムーズで扱いやすく、中回転域からの優れたスロットルレスポンスを実現しています。
    * フューエルインジェクションの採用により、排出ガスの清浄化、始動性の向上などにも貢献。
    大容量デュアルラジエータを採用。優れた冷却効率を実現すると同時に、省スペース化、軽量化にも貢献しています。
    * エキゾーストシステムはオールステンレス製。マフラー内にはハニカムキャタライザーを備えています。
    * エンジンはボア×ストローク72×61.2 mmの水冷DOHC4バルブ単気筒。フレーム内の低い位置に搭載することで、低重心化にも貢献しています。
    * 燃焼室はペントルーフ型、フラットトップピストンを採用し、圧縮比は11:1。軽量なピストンやコンロッドを採用することで、高回転までよどみないパワーを抽出します。
    * DOHC4バルブのシリンダーヘッドは、バルブ面積を最大限とすることで最適な空気の流れを生み出しています。シムの下側にタペットを配置する各バルブのカムローブの使用によって往復運動部を軽量化し、高回転での高い効率を実現。
    * シリンダーには電気融合シリンダーを採用。優れた熱伝達性と軽量化を実現しています。また潤滑油がなじみやすく磨耗やかじりの発生を防ぐコーティングを施すことで、エンジンの信頼性にも貢献。
    * ギヤ駆動のエンジンバランサーを採用。不快な振動を抑えることで、長距離走行における快適性の向上に貢献しています。
    * クランキング時にエキゾーストバルブを開くカワサキ・オートマチック・コンプレッション・リリース(KACR)を採用することで、良好な始動性を確保しています。
    * 点火タイミングはデジタルCDIによる精密な制御により、高い信頼性を実現しています。
    * ねじ類は防錆タイプを使用し、エンジンのクオリティを向上しています。
  • FRAME AND SUSPENSION

    FRAME AND SUSPENSION

    FRAME AND SUSPENSION
    * 剛性に優れる高張力鋼管を使用した角断面チューブ構造のペリメターフレームは、スリムで軽量なパッケージにも貢献。また短いホイールベースがクイックなハンドリング特性を実現しています。
    * 軽量D断面アルミスイングアームが、ばね下重量の軽減に貢献。
    * サスペンションのストローク量はオンロード、オフロード両方で高い走行性能を発揮するようセッティングされています。
    * 43 mm倒立カートリッジ式フロントフォークは、圧側減衰力調整機構を装備。カートリッジの採用により、フォークオイルの泡立ちを最小限に抑え、減衰力を一定に保ちます。
    * 優れた路面追従性と衝撃吸収能力を持つ、ユニトラックリヤサスペンションを装備。別体リザーバタンク付きガス充填ショックは伸び側/圧側減衰力調整とフルアジャスタブルのプリロード調整が可能。
    * リンケージと減衰力のセッティングを最適化することで、前後のピッチングを低減。ストレートでの安定性とコーナーリングでのグリップ感向上に貢献しています。
  • BRAKE AND SEAT

    BRAKE AND SEAT

    BRAKE AND SEAT
    * フロントブレーキには外径250mmのペタルディスクを、リヤブレーキには外径240mmのペタルディスクを採用し、レバー比やパッド材質を最適化することでコントロール性を向上しています。
    * ライディングポジションの自由度を高める、スリムなシート形状を採用。
  • EQUIPMENT

    EQUIPMENT

    EQUIPMENT
    * 快適性とコントロール性を高めるため、リラックスしたポジションを形成するハンドルバーの位置を設定。
    * ステップの位置をバイクの中心線に近づけ、スリムなライディングポジションを実現。
    * 2灯式のヘッドライトを備える、スタイリッシュなフロントカウルを採用。
    * リヤフェンダーはツーピース構造。被視認性が高くシャープなデザインのテールランプを採用。
    * 視認性に優れるフルデジタルのメーターパネルを採用。バーグラフ式タコメーター、デジタルスピードメーター、時計、デュアルトリップメーターを装備しています。

KLX250 Final Editionの主な特長

  • EQUIPMENT

    ・シュラウドとタンクにはアグレッシブで懐かしさ溢れるグラフィックが施されています。
  • EQUIPMENT

    ・特別色のシートを採用しています。
  • EQUIPMENT

    ・フレーム、サイドスタンドはボディカラーに合わせてライムグリーンに統一しています。
  • EQUIPMENT

    ・サイドカバーには特別な一台であることを示す「Final Edition」のロゴがデザインされています。

アクセサリー

    「撮影に使用しているモデルは一部現行モデルとカラーリングが異なる場合があります。」


  • KLX250/D-TRACKER X用キャリア

    KLX250/D-TRACKER X用キャリア
    メーカー希望小売価格
    10,800円
    (本体価格10,000円、消費税800円)
    用品番号 J2000-0140A
    ・スチールパイプ製、黒色塗装仕上げ、ツールバッグ付属、積載重量3kg迄、取付時間0.4H
    ・キャリアに市販のトップケース(テールボックス)等の装着不可
    ・2007年以前のKLX250/D-TRACKERには取付け出来ません。

PDF CATALOG

Get Adobe Reader

※カタログを閲覧して頂く為に、PDFファイルを使用しています。PDFファイルが読み込めない方はアドビシステムズ株式会社のアクロバットリーダー(無償)が必要です。

スペック

2016年モデル KLX250

車名(通称名) KLX250

KLX250 Final Edition
一次減速比/二次減速比 2.800(84/30) / 3.000(42/14)
型式 JBK-LX250S フレーム形式 セミダブルクレードル
全長×全幅×全高 2,200mm×820mm×1,190mm 懸架方式 テレスコピック(倒立)
軸間距離 1,430mm スイングアーム(ユニ・トラック)
最低地上高 285mm ホイールトラベル 255mm
シート高 890mm 230mm
キャスター/トレール 26°30′/ 105mm タイヤサイズ 3.00-21 51P
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク 単気筒 / DOHC4バルブ 4.60-18 63P
総排気量 249cm³ ホイールサイズ 21×1.60
内径×行程/圧縮比 72.0mm×61.2mm / 11.0:1 18×2.15
最高出力 18kW(24PS)/9,000rpm ブレーキ形式 シングルディスク250mm(外径)
最大トルク 21N・m(2.1kgf・m)/7,000rpm シングルディスク240mm(外径)
始動方式 セルフスターター ステアリングアングル (左/右) 45°/ 45°
点火方式 CDI 車両重量 136kg
潤滑方式 ウエットサンプ 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
エンジンオイル容量 1.3 L 燃料タンク容量 7.7 L
燃料供給方式 フューエルインジェクション 乗車定員 2名
トランスミッション形式 常噛6段リターン 燃料消費率(km/L)※1 40.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
クラッチ形式 湿式多板 29.5㎞/L(WMTCモード値 クラス2-2、1名乗車時)※3
ギヤ・レシオ 1速 3.000(30/10) 最小回転半径 2.4m
2速 2.000(30/15) カラー KLX250
ライムグリーン
ブライトホワイト

KLX250 Final Edition
ライムグリーン
3速 1.500(27/18) メーカー希望小売価格 KLX250
554,040円
(本体価格513,000円、消費税41,040円)

KLX250 Final Edition
564,840円
(本体価格523,000円、消費税41,840円)
4速 1.190(25/21) 生産国 タイ王国
5速 1.050(21/20)
6速 0.952(20/21)
  • ・表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。
  • ・メーカー希望小売価格は参考価格ですので、詳しくはカワサキ正規取扱店・カワサキ認定協力店にお問い合わせください。
  • ・表記価格には保険料、税金(消費税を除く)登録などに伴う諸費用は含まれません。
  • ・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。
  • ・車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。
  • ・価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
  • ・当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場 Kawasaki Motors Enterprise (Thailand)Co.,Ltd. において生産されたものです。
  • ※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
  • ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
  • ※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

ページ上部へ