Ninja Style

エッジの効いたスーパースポーツスタイリングは、“Ninja”の血統を色濃く物語ります。フロントカウルに搭載されたマルチリフレクター採用のシングルバルブ式ヘッドライトは、シャープなウインドシールドとともにスポーティで軽快感のあるルックスを演出。
アグレッシブなデザインのフルフェアリングを可能な限りフレームに近づけることで、Ninja 250SLならではのスリムな車体を実現しています。またタンクからシート、そしてテールライトに向かって絞り込まれたボディワークはメリハリの効いたダイナミックなスタイルを表現。大胆な肉抜き加工を施した軽量のトップブリッジにはスポーティなデザインを採用し、モダンなフルデジタルのメーターパネルとともにコックピットまわりのクオリティを高めています。

さらに、トップブリッジの下にマウントされたクリップオンハンドルは、アグレッシブなライディングポジションを促すだけでなく、レーシーな気分を盛り上げてくれることでしょう。そして、スタイリッシュなデザインのバックミラーは、シャープなスタイリングを引き立てながら後方の視界をしっかり確保。鋭さを際立たせたデザインのテールカウルと多角形デザインが特徴のテールライトは、躍動感のあるスポーティなリヤまわりを演出します。また、スイングアームに装着されたリヤフェンダーは、チェーンカバーと一体化されたデザインでレーシーな外観をさらに強調しています。

Ergonomics

さまざまなライダーにスポーツライディングの楽しさと快適さを提供するため、Ninja 250SLの設計には人間工学を取り入れています。たとえば、スリムなパッケージを象徴するトレリスフレームとフューエルタンクは、ニーグリップしやすいコンパクトなライディングポジションを実現。先端の広がったタンクはシートに向かって絞り込まれていくスタイリッシュなデザインで、ライダーが簡単に伏せやすい形状になっています。また、シート高780mmのフロントシートをタンクにぴったりと沿わせ、スリムな形状にすることで足つき性の向上に貢献。

ライダーにタイトフィットするボディワークは、アグレッシブなルックスとレーシーなライディングポジションを獲得しただけでなく、エントリーユーザーも安心して楽しめる扱いやすさを併せ持ちます。これ以外にも、フットペグホルダーをラバーマウントすることでライダーに伝わる振動を軽減して快適性を高めたほか、クラッチ&ブレーキレバーの形状はコントロール性の向上に寄与しています。

スリムでスタイリッシュなフューエルタンクはシートに向かって絞り込まれていくダイナミックなデザインで、ニーグリップしやすいだけでなくライダーが簡単に伏せやすい形状。

アグレッシブなデザインのフロントカウルは、マルチリフレクター採用のシングルバルブ式ヘッドライトとシャープなウインドシールドを装備し、スポーティで軽快感のあるルックスを演出。

クリップオンハンドルの上に取り付けられたトップブリッジは、大胆な肉抜き加工を施したスポーティなデザインを採用。軽量化を図るとともにレーシーな雰囲気とコックピットまわりの高品質感を高めている。

Power Unit

エンジンは排気量249cm3の水冷4ストローク単気筒4バルブ。高速回転域での鋭い反応とピークまで心地よく伸びるキャラクターが特長で、スロットルを開ける楽しさが味わえます。また、トップエンドを超えても急にパワーが落ちないオーバーレブ特性を持ちながら、低中速域ではスムーズな加速感と力強いトルクを発揮。街乗りからスポーツライディングまで、幅広いシーンでの扱いやすさを手に入れています。

さらに、鋭い吹け上がりと安定した燃料供給を実現するフューエルインジェクションシステムは、セルフスターターとともにストレスの無い始動性の良さを確保。スムーズな操作性を目指したクラッチシステムや6速トランスミッションを装備するなど、エントリーユーザーにも扱いやすいコントロール性を兼ね備えています。

フューエルインジェクション搭載の水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンは、低中速域での力強いトルクと高速回転域での鋭い反応が特長で、ピークまで心地よく伸びるキャラクターを持つ。

エキゾーストシステムはφ35mmのステンレスヘッダーパイプとスポーティなサイレンサーから構成される2ピース構造。六角形に近い異形断面形状のサイレンサーは、性能と排気音演出の両立を図るとともにスポーティなルックスにも貢献。

コンパクトなフルデジタルメーターにはバーグラフ式のタコメーターに加え、スピードメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、時計、燃料計を装備。白色のバックライトは夜間の視認性を高めている。

Frame & Suspension

Ninja 250SLならではのスリムで軽量・コンパクトなパッケージを実現するのは、メインチューブに高張力鋼管を使用したトレリスフレーム。径の異なるパイプを巧みに構成して最適な剛性バランスを確保し、1,330mmのショートホイールベースが軽快で俊敏なハンドリングに貢献しています。サスペンションはフロントにインナーチューブ径37mmのテレスコピックフォークを装備。スリムなタイヤ、軽量なシャーシとともに軽快で俊敏なハンドリングと安定したライディングに貢献しています。また、ユニ・トラックリヤサスペンションは高荷重負荷時にもスムーズな初期作動と優れた路面追従性を実現し、スポーティで安定したハンドリングに寄与。リヤショックはプリロードが調整可能で、ライダーの体重やタンデム走行、荷物の有無など状況に合わせて変更することができます。

カワサキ独自のラジエーターファンカバーを装備。エンジンの熱を下方に逃がすことでライダーに当たる熱気を抑制し、熱くなった空気の流れを変えることにより、渋滞時などの快適性を高めています。前後ブレーキにはスーパースポーツスタイルのペタルディスクを装備。フロントφ290mm、リヤφ220mmのディスクに2ピストンキャリパーを組み合わせ、安定した制動力を発揮するとともにレーシーな外観にも一役買っています。そして、軽量でスポーティなデザインの高品質ホイールにスリムなタイヤを装着することで、軽快でシャープなハンドリングを実現しました。

メインチューブに高張力鋼管を使用したトレリスフレームは、軽量・スリムでコンパクトなボディを実現。径の異なるパイプを巧みに構成することで最適な剛性バランスを確保し、軽快で俊敏なハンドリングにも貢献する。

高い衝撃吸収性能を誇るユニ・トラックリヤサスペンションは、高荷重負荷時にもスムーズな初期作動と優れた路面追従性を実現し、安定したハンドリングとスムーズなライディングを提供。リヤショックはプリロード調整機構を装備。